最新リフォームビフォーアフター

古河市S.K様リフォーム工事

完成しました

New version with groups!

写真をクリックするとアフター写真が見れます。

 今回は、介護リフォーム工事をご紹介します。今回のリフォーム工事は、床・壁・建具などの内装改修及び土間や車庫用門扉などのエクステリア改修を行いました。特に、介護保険による支給との組み合わせた事案でもありますので取り上げました。  介護保険の支給を受けるには、一定の介護認定を受けた方が対象となります。まずは、介護支援専門員(ケアマネージャー)との相談からとなりますが、工事内容の制限・事前審査もあります。ただ手すりを付けるだけが介護リフォームではありません。居宅介護住宅改修工事と組み合わせて住環境を整える事は、介護を必要とされる方とご家族においても大切な事です。(※なお、介護保険法や施行令他により支給限度額や支給にあたる工事なども細かく決まっています。)

  • (有)岡田綜合工務店TOPページへ

  • Image 25

    今回のお客様の場合、道路と宅地の境界の段差がおよそ30cmあり、車は、車庫に車輪巾で2個の鋼材のスロープを使い、人の出入りもそのスロープを利用している希なケースでした。しかし、介護を必要とされる方にとっては、とてもあがれる状況でもなく、段差の解消を一番に考えるリフォームでした。住宅改修工事費としては、玄関アプローチとしての車イスに必要な最低幅しか認められないのですが、住環境を考えれば全体に下げる事が有利であるのは間違いない事で、お客様と相談の結果、上記写真のように完成しました。お客様も出来上がりには大変満足して頂きました。また、支給額は、全体面積との割合で決まりました。

    Image 23

    クリックした後の写真は、ビフォーアフターではなく、手すり設置後だけの写真を載せています。手すりを設置する時ドアなどの出入り口があり、連続して設置できないと思うときがありませんか?そんな時に、この上げ下げ用部材を使います。これなら、必要な場合ワンタッチで使用出来て、とても便利です。実は、ケアマネージャー(介護支援専門員)さんから教えて頂きました。工事のみならずこのような介護事業者の方のご紹介もできますので、お気軽にご相談下さい。

    Image 27

    今回のお客様のお宅は、1階がコンクリートブロック造であったので、PCプラグアンカーで補強板を取付ました。このように手すりを取り付ける下地も現場により変わります。また、手すりといっても写真のようにたくさんの種類があります。介護の必要のない高齢者の方にも、住環境整備のためのリフォーム(手すり他バリアフリー工事など)も提案しています。
    ※手すり1本からでも対応していますので、お気軽にご相談下さい。